検査の種類について

健康診断の検査の種類はどんなものがあるのでしょうか。
医療機関ではさまざまな検査が行われているかと思います。
定期検診や人間ドックというのは、検査の項目もどれからやるかという順序もまっているかと思います。

また医師の診察を受けてからの検査は、病態に応じて検査も決まってくるかと思います。検査というのは、採取した検体を分析する検体検査と、直接人体を検査する生体検査に分けることができるそうです。

検体検査は、血液、尿、便、喀痰などが重要な検体となるそうです。
内視鏡検査や手術のときに採取した組織を顕微鏡で観察して最終診断を下す病理検査も含まれるそうです。手術したあとに病理検査で悪性、良性を見るみたいな感じですが、悪性だったりすると再手術というのもあるようです。

生体検査には、心電図、呼吸機能検査、超音波検査などの生理検査と放射線検査があるそうで、大きな病院では、検査部、輸血部、病理部、放射線部などに分かれて検査を行っているそうです。

検査部では検体検査と生理検査、輸血部では輸血に関する検体検査、病理部では病理検査、放射線部ではX線を使った検査やMRI検査などが行われるそうです。

それぞれ専門家が検査の実施・報告をするそうです。

定期検診や人間ドックなどと違って、一般外来を受診して医師の診察を受けてからおこなう臨床検査では、施行順序や緊急度などから、基本検査またはスクリーニング検査、精密検査あるいは二次的検査、緊急検査の3つに分かれるそうです。基本検査またはスクリーニング検査というのは、日常の診療で、医師と患者の対話による問診情報と診察所見が基本であり重要な情報となるそうです。

具合が悪くて診察したら、大きな病院で精密検査をするように言われるとショックを受けますよね。