尿検査と身体測定について

尿というのは、老廃物の体外への排出など生体の内部環境を維持するために、腎臓で産出されるそうです。尿には、腎に始まる尿路系の異常だけではなく、からだ全体の変調も分かるということのようです。

尿は、血液と同じように、生体情報の宝庫といえるそうです。

尿検査というのは、検査を受ける人にとって、何の負担もないというのもいいところだそうです。確かに注射器で吸い出すわけではありませんもんね。現在、検体検査というのは、自動分析機で測定されているそうです。

そして、とても精度の高いものになっているそうで、検査結果を出すのにもとても大きな力を発揮しているそうです。身長と体重、腹囲の計測をするのは、肥満度を知るのにとてもいいそうです。体重の測定は、体重計に乗るのですが、そのさい、衣服を脱ぐことになるそうです。

ただ、衣服を脱がずに測定することもあるそうです。
コートやバッグなど、重量があるようなものははずすようにするそうです。衣服を着たまま測定する場合は、測定された数値からその衣服のおおよその重量を差し引かれるそうです。身長の測定というのは、靴を脱いで、靴下も脱いで、両かかとをたがいに接して、背、お尻、かかとを身長計の柱に接するようにして直立するそうです。

お腹周りはメタボリックシンドロームの診断に用いるそうです。腹囲は、力を抜いて立った状態で、臍の高さで計測するそうです。その差異、両足を揃え、両腕を体の横に自然に下げて、お腹に力が入らないようにするそうです。そして、計策される人の正面に立った計測者が巻き尺を腹部に直接当てて図るそうです。

ふつうの呼吸をして息をはいた終わりに、目盛りを0.5cmの単位まで読み取るそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です