インフルエンザの型を判定

インフルエンザはよく聞く言葉だと思います。インフルエンザというのは、高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身症状が強いもので、風邪の症状と同じように、喉の痛み、鼻汁、せきなどの症状がみられるそうです。しかし、熱の程度が風邪よりも高いということ、肺炎の合併症や急性の脳症を起こすこともあるそうです。要注意のものといえるかと思います。A型インフルエンザの表面には赤血球凝集素とノイラミニダーゼという2種類のタンパク質が存在しているそうです。A型はパンデミックといって、世界的な流行を起こすことがあるそうです。世界各国が監視しているものだそうです。B型はA型よりも病原体は軽いそうですが、毎年、流行しているそうです。抗原の検査はウィルスが存在していることを確認するものだそうです。検査基準は陰性だそうです。基準値を外れると、インフルエンザA型、B型と診断されるそうです。インフルエンザは気道に感染するそうです。鼻孔や咽頭に存在するそうです。鼻腔拭い液は、鼻の穴から細い綿棒を入れて鼻孔粘膜を軽くこすって、綿棒に付着させて採取するそうです。咽頭拭い液は、綿棒を口腔から挿入して咽頭全体、口蓋垂、口蓋扁桃をこすって採取するそうです。鼻孔吸引液は、鼻孔に吸引器の片方の管を挿入して吸引側を陰圧にして吸い出すしくみで採取するそうです。どの検査も発熱などのつらい症状があるときに検査するものだそうですが、ある程度鼻孔や咽頭の液量が取れなければ陽性に出ないそうなので、我慢が必要な検査となるそうです。採取した液体は特殊な試薬を用いて抗原を溶け出させるように準備するそうです。抗原が含まれている検査キットにいれて、反応液を加えるそうです。陽性だと発色するそうです。この検査で、インフルエンザA型かB型かの判定ができるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です